読書

『好きなことだけで生きていく』を読んでみた

こんにちはmiwaです。
『好きなことだけで生きていく』を読んでみました。
好きなことだけで生きていければ最高だと思いませんか?
まだ読んでない方は、ご購入の参考にしていただければと思います。

『好きなことだけで生きていく』

おすすめ度

★★★★★

概要

著者:堀江 貴文
1972年、福岡県生まれ。実業家。1991年、東京大学に入社(後に中退)。在学中の1996年、有限会社オンザ・ザ・エッヂ(後のライブドア)設立。2002年、旧ライブドアから営業権を取得。2004年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役社長CEOとなる。2006年1月、証券取引法違反で逮捕。2011年4月、懲役2年6ヶ月の実刑判決が確定。2013年3月に仮釈放。現在は、ロケットエンジンの開発やスマホアプリのプロデュース、有料マガジンの配信、会員制サロンの運営など、幅広く活躍。

出版社:株式会社ポプラ社

要約

「好きなことを仕事にして、これから一生、好きなことで生きていく」そのためにはどうすればいいのか、来たるAIが活躍する時代に自分のハマれることは何なのか、ということを突き詰めた一冊です。2015年出版の「本音で生きる」で「とにかく、まずは行動あるのみ」というメッセージを伝えたかった堀江さんですが、変われる人は1%に満たなかったということに危機感を持ち、最後通告という覚悟を持ったメッセージが伝わる内容です。

気づきポイント

⒈「給料は我慢の対価ではない」

この言葉は今の私にとても深く響きました。というのも現在の私は、ライターで生計を立てることを志しましたが、住宅ローンの実行が迫っていて、まだ会社に辞める意向を話せていなかったからです。やる気がないのに営業活動を続けなければならない状況に我慢していました。まさに、我慢の対価として働いてました。99%の人が変われない中、変われる1%になるべく行動していかなければなりません。

⒉「今、ここ」に集中する

極端な例と前置きがありましたが、堀江さんが逮捕された一連の騒動の渦中にあるときでも、「今、ここ」に集中することによって、刑務所の中から有料メルマガを発行したり、出所直後から著作を出し続けたりと、「アウトプットする人生」をあきらめずにすんだという話は、想像しがたい経験で、思わずハッとさせられました。それに比べたら、会社を辞めることのリスクなんて、無いに等しいと思いました

⒊「副業って、ダサい」

強烈な一言でした。しかし、マトを得ている一言でありました。つまりは、本業を保険にして本当にやりたいことは副業で、という穴の小さい思考という訳であります。私も、副業が安定するまでは二足のわらじで、との考えの狭間で揺れているのが、本音でした。そんな甘い考えを見透かされたかのようでした。

あとがき

堀江さんの本を読んでいつも思うことは、文章がとても読みやすいということです。はじまりは問題定義から始まり起承転結がわかりやすく、その中で堀江さん独特の、ある意味空気を読まないような芯を喰った発言や、スパイスが効いた表現で心地良い気持ちになります。

ここまで読んでいただいた方には、もうおわかりだと思いますが、私に必要な事は、まずはじめの一歩を踏み出す行動を起こすことです。一刻も早く会社を辞めて、「今、ここ」に集中し、ライターとしての道をコツコツ歩んで行こうとさらに想いを強くしてくれた本でした。

コメントを残す

*