政治・経済

令和元年 守山駐屯地 納涼祭りに行ってきました

2019年7月29日月曜日に行われた陸上自衛隊 守山駐屯地 納涼祭りに行ってきました。来年など行かれる方はご参考にしてください。

守山駐屯地 納涼祭とは

日時

令和元年(2019年)7月29日月曜日 17時〜20時30分

開催場所

守山駐屯地 名古屋市守山区守山3丁目12−1

アクセス

名鉄瀬戸線「守山自衛隊前」下車 徒歩2分
ゆとりーとらいん「守山」下車 徒歩2分

催し物

 盆踊り、手筒花火、売店、キッチンカー(たこ焼き、焼きそば、かき氷、ハンバーガー、ラーメン、クレープなど)

注意事項

駐車場はありませんので公共交通機関でご来場ください。
近隣施設への無断駐車及び路上駐車はご遠慮ください。
ペット同伴でのご入場はできません。入り口で手荷物検査にご協力ください。

問い合わせ先

納涼祭り実行委員会
TEL:052−791−2191
詳細はこちらから

納涼祭の内容とは

盆踊り

運動場の東側に特設舞台が組まれていて、時間は17時〜19時30分頃まで行われます。舞台の上では、着物をきた女性が完璧な振り付けで踊っているので、それを見本に踊れば、誰でも踊れます。もちろん舞台の上へは、一般の方は上がれません。
また、何回か、お子様向けへお菓子の配布があります。
若い自衛官の方が盛り上げているので、ぜひ踊ってみてはいかがでしょうか。

盆踊りを踊る自衛官とその家族

売店、キッチンカー

売店やキッチンカーが南側に並んでいます。売店では、ビール、ジュース、お茶などの飲み物と、作り置きの唐揚げ、フライドポテトなどが売られています。
キッチンカーでは、B級グルメのイベントで出ているような、「飛騨牛のハンバーガー」や「○○焼きそば」、「マンゴーかき氷」などがあります。また、一般的なたこ焼き、クレープ、ラーメンのキッチンカーもあります。
また、東側奥の建物の二階にコンビニも営業しています。
全体的に長蛇の列ができるので、早めに並ぶようにしましょう。

手筒花火

いよいよやってきましたメインイベントです。時間は盆踊りが終わり、だいたい19時30分から15分間くらい行われます。消防署のかたも駆けつけ、あたりが暗くなり、ものものしい雰囲気の中、まずはじめに大きい手筒花火が単発で行われます。そして、次に小さい手筒花火が3発同時に行われるのが3回くらい続きます。最後にまた大きい手筒花火でフィニッシュです。火の粉を浴びながら手筒を持っている自衛官の勇姿は圧巻です。花火の最後に「ドンッ」という爆発音みたいな音に大人ながらびっくりしました。

3発同時の手筒花火
ファイナルの手筒花火

まとめ

二年前にも行きましたが、何度みても手筒花火の迫力はすごいと思いました。近所の子供や中高生が浴衣できていて、夏のお祭りの気分に浸ることができました。夏を感じれる場所としてはとてもおすすめのイベントです。

しかし、課題としては、近所の子供と駐屯地にお勤めの自衛官の方、またその家族向けのイベントという側面が強いので、一般の方がもっと楽しめるようにした方がいいと思いました。例えば、椅子と机が関係者の分しか用意してないので、一般向けにも準備するとか、キッチンカーの数が少なく長蛇の列になってしまうところなど、改善の余地はありそうです。やはりテキ屋は暴力団への資金源になるので、できないかもしれませんね。
また、自衛隊の活動や装備・設備についてのわかりやすい展示などもあればもっと自衛隊に興味を持つ人が増えると思います。

ご興味ある方はぜひ来年の納涼祭りにご参加ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*